戦争する国ゴメンです
9条の会東京連絡会集い

小林節さん 宝田明さん 池田香代子さん

「戦争する国ゴメンです!9条の会東京連絡会のつどい2015」が4日、中野区の中野ゼロ・大ホールで開かれ、1200人(主催者発表)が参加しました。戦争法案廃案へ「東京での運動が帰趨を決める。怒りの声を東京中に広げよう」と決意を確認しました。

リレートークでは憲法学者の小林節さん、俳優の宝田明さん、ドイツ文学翻訳家の池田香代子さんが発言。小林さんは、この日の衆院憲法審査会で自らを含め3人の学者がそろって戦争法案は「憲法違反」と表明したと紹介。「9条は戦争の道具も軍隊も投げ捨てたものだ」と指摘しました。

宝田さんは終戦時「満州」(中国東北部)からの苦難の引き揚げ体験を語り、「ノンポリではいけないと思った。人間の尊厳を壊す戦争は絶対してはいけない」、池田さんは党派や思想信条、世代を超えた運動の広がりを紹介し「私たちはここから勝っていきましょう」と訴えました。

小森陽一・九条の会事務局長が、第一次安倍政権を倒したのは9条の会をはじめ世論の力だったとのべ、「いっせいに立ち上がって宣伝・署名などあらゆる手で都民に訴えよう」とよびかけました。

各地の会や学生・高校生から活動報告と決意表明が続きました。

(「しんぶん赤旗」2015年6月9日付より)