1・4倍の得票 1議席増【目黒】

4月26日投票の東京都目黒区議選(定数36)で、日本共産党は、石川恭子、岩崎ふみひろ、星見てい子、森美彦、松嶋祐一郎の5氏全員が当選し、前回比1議席増となりました。前回得票を約1・4倍の1万1685票に伸ばす躍進です。

同区は保育園の待機児童率が59%、特養ホームの増設数が15年間ゼロと23区で最悪です。区有地の売却計画をやめて保育園と特養ホームの緊急増設を求める日本共産党候補者の主張に賛同が広がりました。

「戦争立法反対、若者を戦場に送るな」と街頭で訴える候補者に拍手や握手が相次ぎ、「自民党員だが安倍内閣は本来の自民党ではない。仲間4人で話し合い、入れることにした」「創価学会員だが憲法9条守るのは日本共産党しかない」と党派を超えて支持が広がりました。

(「しんぶん赤旗」5月1日付より)