誰もが自分らしく LGBTの理解訴え
5万人参加・東京

“性の多様性”を象徴する虹色の旗を振りながら約3000人が歩いた「東京レインボープライド2015」のパレード=26日、東京都渋谷区
“性の多様性”を象徴する虹色の
旗を振りながら約3000人が歩いた
「東京レインボープライド2015」
のパレード=26日、渋谷区

池内議員も参加

性的マイノリティー(LGBT)への理解を深めることを目的としたイベント「東京レインボープライド2015」が25、26の両日、東京・代々木公園で開かれ、2日間で5万人以上が参加しました。

26日に行われたパレードでは、LGBT当事者と支援者、家族や友人、さまざまな国籍の人たち約3000人が「誰もが自分らしく生きられるように」「LGBTに平等な権利を」といったメッセージボードを持ち、渋谷と原宿の街を歩きました。

友人と一緒に歩いたピロさん(29)は「自分がゲイ(男性同性愛者)であることを周囲に言えるようになったのは、大学でLGBT当事者のサークルに出合って、自分自身を肯定できるようになったからです。地方にも同じような場がたくさんできるといい」と語りました。

レズビアン(女性同性愛者)カップルの、こなさん(27)と、みゆさん(23)は、互いの存在が心の支えだと話します。「いつか2人で結婚式をしたいです。同性婚が法的に認められるようになってほしい」と語りました。

日本共産党の池内さおり衆院議員も一緒に歩きました。

同イベントは5月6日まで、都内を中心とした各地でワークショップや展覧会、映画上映会、学習会などが行われます。

(「しんぶん赤旗」2015年4月27日付より)