〝文系つぶし〟強制やめよ

田村議員「国立大再編」を批判

質問する田村智子議員=21日、参院文科委
質問する田村智子議員
=21日、参院文科委

日本共産党の田村智子議員は21日の参院文教科学委員会で、政府が進める「国立大学の再編」は、人文系・教員養成の学部・学科を縮小・廃止するものだと追及しました。

文科省は、国立大学を世界トップ大学と伍(ご)して卓越した教育研究を行うなど3類型に再編して、運営費交付金などで重点支援を行う方針を打ち出しています。

田村氏は、下村博文文科相が産業競争力会議で、「国立大学経営戦略」策定を打ち出したことに言及。国立大学法人評価委員会がまとめた「視点」では、教員養成・人文社会科学系について「組織廃止」も打ち出していることをあげ、「国策に沿った産業振興のために、大学や分野を国が選別し、予算を重点化するのと一体に教員養成・人文社会科学系を縮小・廃止するものだ」と批判しました。

吉田大輔高等教育局長は、「組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換に取り組むべきとしている」と“文系つぶし”につながることを認めました。

田村氏は、日本学術会議の提言で「(人文科学の研究は)人間と社会のあり方を相対化し批判的に考察する」と人文系の役割を重視していることを紹介。「豊かな教養や高度な専門知識をどれだけ国民の中につちかうのかということが日本社会の発展にとってきわめて重要だ。学部再編や廃止を政府が大学に突きつけることはあってはならない」と求めました。

下村文科相は「人文系の今日的意義は重要」としながらも「時代のニーズに対応した自己改革について適切に判断していただきたい」と答え、「大学再編」を進めていく考えを強調しました。