カテゴリー: 東京民報

小選挙区第23区 「市民+野党」が連日宣伝 共産党 松村氏が共同候補に

 衆院選の23区(町田市と多摩市の一部)では、日本共産党の松村りょうすけ候補=37歳、新=が、市民と野党の共同候補となり、党派を超えた応援が広がっています。市民...

衆院選 安倍暴走政治に審判を 共産党 比例現有3確保し4議席へ 小選挙区での獲得へ全力

 大激戦の衆院選は22日が投票日です。安倍暴走政治への不安と怒りが広がるもと、各種世論調査で内閣支持率が軒並み低下する一方、比例でも小選挙区でも投票先を決めてい...

野党共同の宮本さん勝利を 応援に元民主党総本部長も

共産党の宮本徹前衆院議員が、市民と野党の共同候補となった東京20区(東村山、東大和、清瀬、東久留米、武蔵村山の各市)。自民党前職と希望の党新人と議席を争っていま...

共闘こそ未来切り開く 衆院選 22日投票 ぶれない共産党の躍進を

憲法無視の安倍暴走政治をこのまま続けさせていいのか―を、最大の争点とする衆院選が10日公示(22日投票)され、日本の進路をかけた12日間の熱いたたかいが始まりま...

情勢大激変 勝利つかもう 最終盤、共産党が総力

各党とも国選選挙なみに重視する都議選(定数127)は2日、投票日を迎えます。 憲法改悪、加計学園問題、「共謀罪」法の採決強行など、安倍晋三・自公政権に対する批判...

憲法、築地、暮らしで激突 共産党躍進で自公に審判 都議選が火ぶた 7月2日投票

23日告示の都議選(定数127)は7月2日の投票日にむけて激烈なたたかいがくり広げられています。共産党が主張する築地市場(中央区)の現在地再整備で食の安全・安心...

「東京プロジェクト」を発表 共産党都委 若者の願いに応え4政策

日本共産党東京都委員会は8日、記者会見で都議選(6月23日告示、7月2日投票)の若者政策「若者の願いにこたえる4つの『東京プロジェクト』」を発表しました。インタ...

【東京民報】国保料直ちに1万円値下げ 共産党都委が緊急政策

日本共産党都委員会は13日、都庁で会見を開き、都の財源350億円を使って国民健康保険料(税)を1人1万円値下げする緊急政策を発表しました。 国保は非正規労働者や...