ビラ:戦地兵たんは「命がけ」/誰が見ても米軍と一体 共産党・小池副委員長追及

「対テロ戦争の現場では兵站(へいたん)ほど狙われやすい。これが実態だ」―。日本共産党の小池晃議員は7月29日の参院安保法制特別委員会で、兵站がテロの格好の標的となったアフガニスタン戦争やイラク戦争の実態を突きつけて、これ …

ビラ:安保法制は憲法イハン PRESS2015/民青都委員会

日本民主青年同盟東京都委員会が青年・学生向けに、「安保法制は憲法イハン」PRESS2015夏を発行しました。安保法制のリアルな危険はここにある、「私たちが止める」連日数千・数万のデモなど、安保法制の危険性とともにこれを止 …

ビラ:自民会合で言論弾圧の大合唱/志位委員長が厳しく批判

安倍首相を支持する自民党の若手議員らが6月25日に同党本部で開いた会合で、講師として招かれた作家の百田(ひゃくた)尚樹氏や出席議員から「マスコミを懲らしめる」「沖縄の新聞をつぶせ」などと言論弾圧をあおる暴言が相次いでいた …

ビラ:オスプレイ横田配備問題・田村智子参院議員が追及

日本共産党の田村智子議員(参院比例選出=主な活動地域は東京)は6月22日の参院決算委員会で、米空軍横田基地(東京都)への特殊作戦機CV22オスプレイの配備について安倍政権を追及。配備撤回を求めました。 PDFはこちら & …

後方支援=武力行使が世界の常識
海外派兵「合憲論」の「根拠」またも崩れる

日本共産党の志位和夫委員長は、6月17日の党首討論で、安倍首相が、戦争法案が「合憲」である根拠として主張する「武力行使との一体化」論(自衛隊の「後方支援」は「他国の武力行使と一体化しない」とする論)について、「国際法上の …

18歳選挙権が実現 日本共産党の創立以来の政策

選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる公職選挙法改定が6月17日、全会一致で成立しました。日本共産党の吉良よし子参院議員(東京選挙区選出)は6月15日の参院政治倫理・選挙特別委員会で、若者の政治参加を促 …

戦争法案の問題点つぎつぎ

日本共産党の宮本徹議員(衆院東京比例ブロック選出)は6月10日、安保法制特別委員会で追及。戦争法案の問題点が次々あらわになりました。 PDFはこちら

年金情報流出 小池副委員長が追及

日本共産党の小池晃議員は6月9日の参院厚生労働委員会で、日本年金機構の個人情報流出問題の内部文書を示して、ウイルス感染の重大性を早くから知りながら放置してきた機構と厚労省の責任は重大だと追及しました。 PDFはこちら