吉良よし子参院東京選挙区予定候補「今度も国会へ」 田村副委員長とともに訴え

日本共産党の田村智子参院議員・副委員長は9日、吉良よし子参院議員・東京選挙区候補とともに、東京都町田市と世田谷区で参院選での党躍進と吉良候補必勝を訴えました。

田村智子副委員長の訴えに拍手を送る人たち(「しんぶん赤旗」提供)
世田谷区の三軒茶屋駅前で吉良予定候補は「十人十色の人生を支える政治こそ実現したい。今度も必ず国会へ送ってほしい」と訴え。

田村副委員長は冒頭、個人の尊厳とジェンダー平等への党の「提言」を紹介し、「一人ひとりの多様な力が発揮される豊かな社会をつくろう」と呼びかけ、消費税10%増税中止、暮らし応援の政策を話しました。

また「憲法改正」を選挙の争点にという自民党を嚴しく批判。
「9条いかす平和の外交を」と訴えました。

「お金の心配なく学び、子育てできる社会を」の訴えに「それいいね」とつぶやく高校生など、2カ所とも雨のなか多くの人が耳を傾けました。

5歳の孫がいる町田市の女性(66)は「戦争しない日本を孫に残したいから私は絶対共産党。私も頑張るから必ず勝ってね」と力強く話しました。

世田谷区の女性(76)は「区議選の結果は悲しかった。でも沈んでなんかいられない。頑張って参院選、共産党を大躍進させたい」と語りました。

(2018年6月12日付「しんぶん赤旗」より)