【足立区議選】共産党8氏が立候補

街頭で訴える ぬかが和子候補

東京都足立区議選(定数45、立候補57人)が19日告示(26日投票)され、日本共産党の

ぬかが和子(55)
はたの昭彦(56)
浅子けい子(67)
西の原えみ子(59)
山中ちえ子(50)=以上前(17日で任期満了)=
きたがわ秀和(50)
こだま紀子(66)
横田ゆう(58)=以上新=

の8氏が立候補しました。
前回比1議席増を目指します。

8候補は田村智子副委員長・参院議員、山添拓参院議員、斉藤まりこ都議、池内さおり衆院東京比例・12区予定候補の応援を受けて第一声。

山添拓参院議員を弁士に迎え訴える浅子けい子候補
山添拓参院議員とともに訴える山中ちえ子候補
「安倍自公政権の消費税増税と憲法改悪、自公区政の区民負担增に審判を下そう。1,601億円のため込み金を活用し、国民健康保険・介護保険の負担軽減、特別養護老人ホーム・認可保育園の増設を」と訴えました。

山添拓参院議員と街頭に立つ きたがわ秀和候補

(記事:2018年5月20日付「しんぶん赤旗」/写真:山添拓事務所)