【しんぶん赤旗 日曜版9月2日号】沖縄知事選 玉城デニーさんに期待広がる/ハザードマップを防災に生かす取り組み

9月13日告示の沖縄県知事選。翁長雄志知事の遺志を継ぎ、玉城(たまき)デニー衆院議員(沖縄3区、自由党幹事長)が「オール沖縄」から立候補します。
広がる期待を特集。同県南城市長の瑞慶覧長敏(ずけらんちょうびん)さん、「辺野古」県民投票の会代表の元山仁士郎さんの思いは…。

「残業代ゼロ制度」(高度プロフェッショナル制度)を含む「働き方改革」一括法を強行した安倍政権。「電通」社員で過労自殺した高橋まつりさんの母・幸美さんが「私はあきらめない。声を上げ続けます」と語ります。

朝鮮半島の平和のプロセス。日本共産党綱領や提案から考えます。元外務省国際情報局長の孫崎享(うける)さんも登場します。

東京の米軍横田基地へのオスプレイ配備。安倍政権の姿勢が問われます。

「お役立ちトク報」は生計困難者の無料低額診療事業。救急搬送された男性は「頑張る気持ちがわいてきました」と話します。

アジア大会陸上男子100メートル決勝、山県亮太選手が10秒00で銅メダルを獲得しました。

9月1日は「防災の日」。住民の情報を加えて防災に生かすハザードマップ(「災害予測地図」)の取り組みなどを日曜ワイドで。

ヤマト子会社の引っ越し料金過大請求で、荷物にかける保険料でも過大請求疑惑が…。

「ひと」は俳優の草笛光子さん。

(2018年8月31付「しんぶん赤旗」より)