「お別れの会」を報じた「しんぶん赤旗」14面記事
4月5日に82歳で死去したアニメーション映画監督・高畑勲さんの「お別れの会」が15日、東京・三鷹の森ジブリ美術館で行われ、映画ファンを含めた3,200人が参列し故人をしのびました。

宮崎駿監督が開会の辞で、東映動画労組の役員をともに務めた高畑さんが、第1回作「太陽の王子 ホルスの大冒険」で会社との折衝に苦闘しながら完成させた若い頃の思い出を披露。

「僕らは精いっぱい、あのとき生きた。ひざを折らなかったパクさん(高畑さんの愛称)の姿勢は僕らのものだった。ありがとうパクさん」と呼びかけ、「(初めて出会った)55年前に、雨上がりのバス停で声をかけてくれたパクさんのことを忘れない」と涙ながらに語りました。

アニメーション関係者らの急逝を惜しむ言葉が続き、二階堂和美さんが遺作「かぐや姫の物語」の主題歌を熱唱。
長男の高畑耕介さんとスタジオジブリプロデューサーの鈴木敏夫さんが、参会者へのお礼を述べました。

会には大林宣彦、山田洋次の各監督や女優の竹下景子、落語家の柳家小三治の各氏ほか日本共産党から吉良よし子参院議員が参列し献花しました。

(2018年5月16日付「しんぶん赤旗」より)