質問する宮本徹議員=14日、衆院予算委
日本共産党の宮本徹議員は14日の衆院予算委員会で、「加計学園」の獣医学部新設をめぐる安倍晋三首相の答弁と愛媛県が作成した文書との齟齬(そご)を追及しました。⇒論戦ハイライト

愛媛県の文書には、「先日安倍総理と同学園理事長が会食した際に、下村(博文)文科大臣(当時)が加計学園は課題への回答もなくけしからんといっているとの発言があった」と記されています。安倍首相の「加計理事長と獣医学部新設について話をしたことはない」との答弁と真っ向から反します。

宮本議員は、愛媛県の中村時広知事が「職員は文書をいじる必要性はまったくない」と述べていることなどを示し、「愛媛県の文書は極めて信憑性が高い」と指摘。
参考人招致で柳瀬唯夫元首相秘書官は記憶がないとしましたが、宮本議員は「反証は誰もしていない。言っていないというのは首相だけだ」として「首相がウソをついているのか、加計孝太郎氏がウソをついているのか。二つに一つしかない」とただしました。

安倍首相は「加計氏がそういう話をしたとは承知していない」と否定。

宮本議員は加計氏の証人喚問を要求しました。

また、梶山弘志地方創生相が、2015年4月2日に藤原豊内閣府地方創生推進室次長(当時)と加計学園側の面談の「記録はない」と答弁したのに対し、宮本議員は、獣医学部新設を目指していた京都側と藤原氏の面談日について昨年内閣府から資料提供があったことを紹介。

「総理が関与すれば記憶も記録もなくなる」と批判しました。

(2018年5月15日付「しんぶん赤旗」より)