全労連などでつくる実行委員会が開く第89回中央メーデーは、「働くものの団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本をめざそう」を基本スローガンに、5月1日に東京都渋谷区の代々木公園で開かれます。

メインスローガンに、「安倍9条改憲反対 戦争法廃止!」「市民と野党の共闘で安倍政権退陣を」「過労死合法化、雇用破壊の安倍『働き方改革』反対」など10項目を掲げます。

午前9時開場で、10時から文化行事。11時からの式典では、小田川義和全労連議長が主催者あいさつ、市民団体の代表、日本共産党の志位和夫委員長らが連帯・激励あいさつ、労組代表が決意表明します。

午後0時20分からデモ行進を開始、並行して文化行事が行われます。
中央を含め全国307カ所で開 催され15万人以上が参加を予定しています。

(2018年4月27日付「しんぶん赤旗」より)

 ➡全労連サイト