【練馬区議補選】のむら説氏が当選

支援者らとともに当選を祝う野村説氏(中央)=15日、東京都練馬区(しんぶん赤旗提供)
「やったぞー」

15日に投開票された東京都練馬区議補選で、日本共産党の野村説氏(43)=新=の当選が伝えられた瞬間、集まった支援者からは歓声が上がりました。

区議補選は、定数5に10人が立候補する激戦。野村氏は、認可保育園の増設による待機児童ゼロや憲法を守り生かした区政の実現を掲げ、「安倍政権の暴走に練馬から審判を下そう」と訴えて奮闘 し、2万2758票を得て、3位で当選しました。

野村氏の当選で、共産党は、とや英津子前区議(現都議)の議席を引き継ぎ、6議席への回復を果たしました。

(2018年4月17日付「しんぶん赤旗」より)