東京民報 4月15日号のご紹介

【1面】

CV22オスプレイ米軍横田基地配備 住民の命 危険にさらすな

横田基地に配備が前倒し、飛来したオスプレイの特集です。

地元で開かれた緊急集会の様子や、軍事評論家の前田哲男氏のコメント、地元住民の声などを紹介しています。

狛江市 批判高まる市長セクハラ

狛江市長のセクハラ問題で何が明らかになったのか、経過を振り返る特集も掲載しています。

都会に棲む<15>~車社会の盲点感謝するニホンジカ

【2面】

都議会「記者の目」共産党対案示し予算に反対

岸記念体育館をめぐる都政の闇、築地市場移転の強行などをめぐって論戦が繰り広げられた定例都議会を振り返ります。

「未来を拓く」山添拓参院議員~初めて臨んだ本会議代表質問

豊洲新市場地下水 ベンゼン基準130倍

安倍改憲NO! 3000万人署名 共産党都委員会が集約・交流集会

【3面】

[千代田区]高齢者追い出しに悲鳴

千代田区が、高齢者を区の借り上げ住宅や区営アパートで追い出そうとしている問題で、住民の声や取り組みを紹介しています。

アニメーション作家・高畑勲さんをしのぶ

ちひろ美術館・東京元副館長の松本由理子さんが寄せた、高畑勲さんの追悼記事。お二人は東京民報で対談していました。

さよならまたね あんさんぶる荻久保が閉館

とうきょうクロスワード

【4面】

鉄の造形が訴える戦争のリアル~造形作家・武田美通さん

鉄の造形で戦争の姿を伝えた造形作家・武田美通さんの作品を取り上げています。2016年に武田さんが亡くなり、作品を愛する人たちの取り組みで、恵泉女学園大学で常設展示されています。

多摩の横山物語<16>

みんなの広場


東京民報は今年6月、再週刊化10周年を迎えるにあたり、「10周年記念キャンペーン」を予定しています。
ぜひ、周りの方に東京民報を薦めてください。

 東京民報は週1回の発行で月額400円(ばら売りは1部100円)。
 都内のみ自宅配達いたします。ぜひご購読ください。