【練馬区議選】のむら説・区議候補「待機児童ゼロ実現へ」

訴えるのむら説 練馬区議候補=8日、練馬区
東京都練馬区議補選(15日投票、定数5、立候補10人)が告示された8日、日本共産党の、のむら説候補(43)=新=は、 とや英津子都議(前区議)の議席を引き継いで、現有5議席から6議席に回復し、「区民のための区政を取り戻そう」と訴えました。

区議補選はのむら候補と自民党2人、都民ファーストの会2人、立憲民主党1人、市民の声ねりま1人など計10人が立候補しました。

のむら候補は憲法を生かした街づくりを進めると強調。

1次選考で1,800人以上が認可保育園に入れない練馬区で、認可保育園の増設や保育士の処遇改善で待機児童ゼロに取り組むと述べました。

山添拓参院議員、とや英津子都議が応援に駆け付けました。

のむら説候補への支持を訴える山添拓参院議員
(左から)松村友昭練馬区長候補、のむら説練馬区議候補、山添拓参院議員、とや英津子都議

(2018年4月10日付「しんぶん赤旗」より。撮影は練馬地区委員会)