2月25日投票の東京都町田市議選(定数36、立候補44人)で、日本共産党の、とのむら健一(63)、細野りゅう子(63)、佐々木とも子(62)、渡場さとし(52)=以上現=、田中美穂(35)=新=5人の候補は「共産党の5人全員の当選で、中学校の全員給食を実現しよう。町田から憲法を守れの声をあげよう」と訴えています。

(左から)とのむら健一候補、細野りゅう子候補、佐々木とも子候補、渡場さとし候補、田中美穂候補
(左から)とのむら健一候補、細野りゅう子候補、佐々木とも子候補、渡場さとし候補、田中美穂候補
市議選は、共産党の他、自民党12人、公明 党6人、立憲民主党2人、生活者ネット2人、民進党1人、都民ファーストの会1人など計44人が立候補する大激戦。

共産党の「大型開発より中学校の全員給食の実現」の訴えが市民の注目を集める中、議会で全員給食の請願採択に背を向けてきた公明党が「給食センター方式」を言い出し、共産党の宣伝を攻撃するなど、他党・他陣営は危機感を強めています。

共産党の5人の候補は、市民の運動とともに教育・福祉の予算を回復し、公共施設の廃止にストップをかけ、 認可保育園や特養ホームを実現してきた実績を語り、「5候補の勝利で、年金で入れる特養ホームを、シルバーパスの改善を、憲法を守る市政を実現しよう」と訴えています。

22日に応援に駆け付けた小池晃党書記局長は、米軍機オスプレイ至空をが上空を飛行し、自公などの賛成で改憲議論推進の意見書を可決した町田で「平和を、憲法守れの審判を下そう」と呼びかけました。

(2月24日付「しんぶん赤旗」より)