東京都東久留米市長選(12/17告示、24日投票)への立候補を表明した市議の桜木よしお氏(67)=無所属新、日本共産党・社民党推薦=は9日の記者会見で、「市民の声を聞かない市政を転換し、憲法を守り、市民参加の市政を進めたい」と表明しました。

桜木氏は、現市政の公立保育園「民間化」計画を「公立保育園を閉園するものだ」と批判。
市立中央図書館の指定管理化でも、多くの市民が反対の声をあげたにもかかわらず、現市政が条例を強行したことを指摘しました。

記者会見する桜木よしお氏
記者会見する桜木よしお氏
政策について▽再生可能エネルギーを増やし、原発に頼らない街をつくる▽待機児ゼロ実現へ保育園を増設するとともに、現市政の「民営化」方針を市民参加で見直す▽家庭ごみ有料化に伴い社会的弱者に配慮した「ふれあい収集」や負担軽減を進める▽憲法にもとづく街づくりを進める—などを示しました。

「新しい市政を創る会」の矢倉久泰共同代表が候補擁立の経過を報告し、「市民が意見を出し合い政策づくりを進めてきた」と強調しました。

桜木氏を推す政党・会派の代表が出席。日本共産党の金野和則・北多摩北部地区委員長は、党として桜木氏を推薦すると述べました。

(11/10付しんぶん赤旗より)