池内さおり東京12区候補 全力

野党議員・著名人 懸命に応援

大激戦の総選挙(22日投票)で、日本共産党の池内さおり東京12区(比例重複)候補は、同区で、公明前職候補(自民推薦)を猛追、議席確保へ一票一票を争う大激戦・大接戦となっています。

消費税10%ストップ、9条改憲を許さない、安倍自公政治にさよならの審判を――。池内候補の訴えに共感が広がっています。

19日、土砂降りの中、東京都北区の豊島5丁目団地で初めて訴えを聞き「感激です」と涙した女性(69歳)は「憲法を守ってほしい。娘や孫にも投票を呼びかけます」。
30代の2児のママは「『比例は共産党』もうこれは政権交代には欠かせません」と手紙を託しました。

池内候補は市民と野党の共同候補。新社会党が推薦し社民党が応援、自由党は共同代表の山本太郎参院議員が来援、青木愛参院議員からは必勝のメッセージが寄せられました。
19日には民進党の有田芳生参院議員も駆けつけ「12区から自公政権の象徴にやめていただき、池内さん当選を」と呼びかけました。

翻訳家の池田香代子さん、評論家の佐高信さんら著名な文化人・知識人が連日、応援を買って出ています。
勝手連「さおり推し隊」がSNSで呼びかけた選挙ボランティアでは「元公明党員」という人などが毎日電話で対話しています。

「共産党は嫌いだが安倍を退陣させるため、期日前投票で共産党に入れた」などの保守層がいる一方、都議選で党候補に入れた人の中にも「今度の選挙はよくわからない」という人もいます。

演説を終え聴衆と握手する池内さおり候補
演説を終え聴衆と握手する池内さおり候補
党と後援会は「安倍政権打倒へ野党共闘の推進力、日本共産党を伸ばすことがどうしても必要」と訴え、支持を広げています。

公明陣営は「なんでも反対の党」と街頭で反共攻撃。「選挙はちょっとしたことでひっくり返る」と引き締めに躍起です。
小選挙区で公明を推す自民は、落選した前都議が比例で立候補しています。

共産党と後援会は、遅れている対話・支持拡大の目標をやり抜き、自公を打ち負かして未来を切り開こう、と決起を呼びかけています。