日本共産党の笠井亮議員(比例東京ブロック選出)は7月24日の衆院予算委員会で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)への派遣部隊が作成した「日報」の隠蔽(いんぺい)疑惑をただしました。この中で笠井氏は、稲田防衛相の疑惑を追及するとともに、安倍首相自身の関与に切り込み、隠蔽が、まさに政権ぐるみで行われたのではないかと厳しく追及しました。

◆ビラのPDFデータはこちら