「核兵器禁止条約の国連会議」は、7月7日、核兵器禁止条約を、国連加盟193カ国の63%にあたる122カ国の賛成(保留1、反対1)で採択しました。採択をうけ国連会議に参加していた日本共産党の志位和夫委員長は同会議のホワイト議長と握手を強くかわし喜び合いました。そして心から歓迎する声明を発表しました。声明の概要を紹介します。

◇ビラのPDFデータはこちら