《都議候補の訴え》尾崎あや子候補(北多摩1区・定数3)

尾崎あや子都議候補
尾崎あや子都議候補

 私は都議会でどうしても実現したいこと、やり遂げたいことがあります。それは、築地市場の豊洲への移転、きっぱりと中止をさせるという仕事です。

 昨年825日、都の職員を呼び、大きな設計図を広げながら、建物の下に空洞がある、そして、最初から土壌汚染対策の盛り土はしていなかったことを明らかにしたのは、日本共産党都議団でした。

 盛り土がないことを明らかにした者として、豊洲新市場の問題をあいまいにするわけにはいきません。この問題に決着をつける仕事を私にさせていただきたい。

 小池知事は、「築地を守る」、しかし一方で、豊洲に移転するといいました。

 築地市場を豊洲に移転して本当に食の安心・安全が守れるのでしょうか。専門家会議の平田健正座長は、盛り土がないかわりの追加対策をやっても、「無害化」は出来ないとはっきり言っています。

 汚染物質が残っている豊洲に、食べ物を扱う市場を移転することはできないと思います。

 「築地ブランドを守る」と小池知事は言いました。

 本気で守る気があるなら、市場業者の多くのみなさんが願っている、豊洲移転は中止して、築地での再整備こそ実現すべきではないでしょうか。

 皆さんのお力で都議会に送っていただき、私、尾崎あや子は、小池知事に、この移転方針をもう一度見直すことを求めます。みなさんの、食の安全・安心を守れの願いを、私・尾崎あや子にたくしてください。(24日、東大和市)

(「しんぶん赤旗」2017年6月28日付より)