《都議選》共産党に他党・会派から応援が寄せられています

 23日告示された都議選では、各地で他党・他会派の議員や幹部らが日本共産党候補勝利のために応援演説しました。

 新宿区の大山とも子候補の第一声では、自由党東京都第1区総支部長の野沢哲夫さんが駆け付け、「寝ても覚めても大山とも子で一緒に頑張る」と述べました。

 新社会党の山田敏行新宿総支部委員長からは「東京都政の健全な発展を強く願うとともに、安倍政権を一日も早く退陣に追い込むため皆さんと一緒になり、全力をあげて都議選をたたかい抜く」とのメッセージを寄せました。

 文京区では、福手ゆう子候補の出発式に民進党の宮崎文雄区議が飛び入り参加し、「民進党をあげて応援します」と演説しました。

 足立区では無所属の土屋のりこ区議が、公明党の反共攻撃に反論。「都民の生活を本当に守っているのは共産党」と述べました。

 立川市では緑の党の大沢ゆたか市議が「経済問題に明るく、市議会でも鋭く追及してきたのがベテランの浅川修一候補」と応援のメッセージを寄せました。

 北区の、そねはじめ候補のもとには、自由党の青木愛参院議員から、「必勝を期し同志結束を密に」と奮闘を祈るメッセージが届きました。

(「しんぶん赤旗」2017年6月24日付より)