満場の聴衆の声援に応える(左から)そねはじめ都議、市田忠義副委員長、池内さおり衆院議員=20日、東京都北区
満場の聴衆の声援に応える(左から)そねはじめ都議、市田忠義副委員長、池内さおり衆院議員=20日、東京都北区

東京都議選で日本共産党の躍進・勝利をめざして20日、北区(定数3)の赤羽会館で演説会が開かれました。市田忠義副委員長・参院議員が、都民・区民にとっての宝の議席、そねはじめ都議の再選を必ず勝ちとろうと訴えました。第2会場が用意されるほどたくさんの聴衆が詰めかけ、熱気に包まれました。

市田氏は、衆院法務委員会で強行採決された「共謀罪」法案について「日頃から国民を尾行、盗聴、監視して、内心に踏み込むことになる。憲法19条の思想信条の自由を侵すものだ」と批判。「国会延長して参院で審議すれば、都議選と重なる。追い詰められているのは安倍政権だ。力を合わせて廃案にしよう」と呼びかけました。

都議選の最大争点である築地市場(中央区)の豊洲東京ガス工場跡地(江東区)移転問題について、市田氏は「豊洲の土壌や地下水の汚染は、専門家会議でも環境基準以下にする『無害化』はできないと言っている。きぱり移転中止を求める共産党の躍進で、都民の命と安全に責任を負う都議会をつくろう」と訴えました。豊洲移転推進の自民・公明を批判し、都民ファーストの会についても「重要争点に対して態度を明らかにしないのは、あまりに無責任ではないか」と指摘しました。

そね氏は「北区は定数が4から3に減り大激戦です。北区で実現した認可保育園増設を全都で広げたい。街の歴史も文化も壊す大型道路計画を続けようとする自民、公明などに負けられない」と強調しました。

池内さおり衆院議員も登壇し、都議選勝利へ全力をあげる決意を述べました。

(「しんぶん赤旗」2017年5月21日付より)