政治動けば守れる命増える

池川友一 都議候補

今から5年前、長男が生後5日で高熱を出し病院に緊急搬送されました。最初の病院では十分な処置ができず、救急車で別の病院へと運ばれました。

わが子を守りたいと思っても、社会や制度に大きな壁がある。そしてこの制度を変えていくことこそ、政治の役割だということを強く実感をしました。

当時、南多摩医療圏で重要な役割を果たしていた町田市民病院は慢性的な医師不足で十分な治療が行われずにいました。

私は市議として議会で何度もこの問題を取り上げ、共産党都議団にも都議会で取り上げてもらい、2016年度から当初3人だった小児科医が東京都からの派遣ドクターを含めて9人へと前進。新生児集中治療室(NICU)は4割台から9割台の稼働へ、小児救急の受け入れ件数も2倍になりました。

政治が動けば守れる命の数は増えるのではないでしょうか。

町田選挙区は定数3から1議席増の定数4を争う選挙区となりました。立候補予定者で「大型開発をやめさせ、都民の暮らし第一に都政をきりかえる」「豊洲市場への築地移転をきっぱり中止させる」との公約を掲げてたたかえるのは、私しかいません。

ある市民の方は、毎朝、自分でつくった応援グッズをもって皆勤賞で、私の駅頭宣伝に出てきていただいています。

自分の生活をよくしたいと願うすべてのみなさんと一緒に選挙をたたかい、必ず議席を獲得する決意です。

(「しんぶん赤旗」2017年4月19日付より)