日本共産党都議団は3月8日の都議会本会議での討論で、豊洲新市場予定地で行われた地下水モニタリング(全9回)のうち、日水コンとゼネコンが携わった1~8回の採水方法に疑惑が浮かび上がったとして、真相究明を行うべきだと主張しました。

◇ビラのPDFデータはこちら