オスプレイの横田基地飛来について防衛省から聞く(左から)池内、笠井、宮本徹の各衆院議員、吉良、山添の両参院議員=3日、衆院第1議員会館
オスプレイの横田基地飛来について防衛省から聞く(左から)池内、笠井、宮本徹の各衆院議員、吉良、山添の両参院議員=3日、衆院第1議員会館

陸上自衛隊と米海兵隊が6~17日に行う日米共同訓練「フォレストライト02」(新潟県の関山演習場、群馬県の相馬原演習場・駐屯地)にともない、MV22オスプレイが過去最大規模の6機、5日から米軍横田基地に飛来する問題について、日本共産党の東京選出の国会議員らは3日、国会内で防衛省に飛来中止を申し入れました。

同機は昨年12月に沖縄県名護市沖で空中給油訓練中に墜落。米軍による事故報告書はいまだに明らかにされていません。今回の演習では事故原因不明のまま同機が投入されるために、地元自治体で中止を求める声が相次いでいます。

防衛省に対し笠井亮政策委員長は、調査の進捗(しんちょく)状況をただすとともに、「米軍と自衛隊の都合のみでオスプレイを6機も飛行させるなど、地元住民の暮らしと命を危険にさらすことは許されない」と断じました。

防衛省担当者は、米側の運用にかかわるとして訓練の詳細は明かさず、「夜間訓練や午後10時から早朝6時の飛行は禁止するよう働きかけている」との答弁に終始しました。

宮本徹衆院議員は、オスプレイが常駐する普天間基地(沖縄県宜野湾市)でも飛行時間の規制が守られず、市の「基地被害110番」への苦情が年を追うごとに増えていると指摘。「オスプレイは日本全土から撤去すべきだ」と求めました。申し入れには池内さおり、吉良よし子、山添拓議員が同席しました。

(「しんぶん赤旗」2017年3月4日付より)