日本共産党の志位和夫委員長は2月27日の記者会見で、「森友学園」問題について、国有地を格安で払い下げた経緯の究明が急がれると同時に、幼稚園児に戦前の「教育勅語」を暗唱させるなど、現行の教育基本法からさえ逸脱する教育を行ってきた同学園を高く持ち上げていた安倍晋三首相夫妻の「道義的責任が問われる」と述べました。

◆ビラのPDFデータはこちら