日本共産党の小池晃書記局長は2月13日、国会内で記者会見し、トランプ米大統領との日米首脳会談に臨んだ安倍晋三首相の姿勢について「異常なトランプ追随を際立たせた」と批判し、「危険で異常なトランプ政権につき従う思考停止の対米追随姿勢を、これからも続けるのかということを正面から批判していきたい」と述べました。

◆ビラのPDFデータはこちら