《日曜版1月29日号》 特集 認知症でも障害者手帳取れる
志位委員長 歴史的党大会を語る

認知症でも障害者手帳が取れるケースがあります。日曜版の記事を見て障害者手帳を取った患者の家族から「年間約54万円も負担を減らせた」とのうれしい知らせが届きました。申請までの手続きを、チェックリストや医師のアドバイスも含めて特集します。

戦後かつてない野党と市民の共闘が発展する中で開かれた日本共産党第27回大会(15~18日)。特徴や今後の抱負を志位和夫委員長に聞きました。

米情報機関は世界の市民を監視している―。命がけの暴露をした元米国家安全保障局(NSA)職員を描いた映画「スノーデン」の監督オリバー・ストーンさんが「米国の真実知り、米依存脱却を」と語ります。

20日に米大統領に就任したトランプ氏。憎悪、差別をあおる同氏に抗議する行動はワシントンをはじめ世界で数百万人規模にも。「日曜ワイド」でお届けします。

政治の根本問題を正面からただした志位委員長の代表質問のポイントは…。

横綱昇進を決めた稀勢の里。作曲家の池辺晋一郎さんと元NHKアナウンサーの杉山邦博さんが喜びのコメントをします。

文部科学省による天下りの違法あっせん問題。安倍政権の責任は…。

「ひと」は、俳優の志賀廣太郎さん。

(「しんぶん赤旗」2017年1月27日付より)