《ビラ》 豊洲から79倍のベンゼン、小池知事に緊急要望

1月14日発表された豊洲新市場予定地の地下水モニタリング最終調査で、環境基準の最高79倍のベンゼンや、シアン化合物、ヒ素など201カ所の観測井戸中72カ所で基準を超えました。この事態を受け、日本共産党都議団は16日、緊急に小池知事に面会し、要望を申し入れました。
申し入れに対し小池知事は、「今回の要望については共有する部分もある」、「しっかり考えていきたい」と答えました。

◆ビラのPDFデータはこちら