共産党の新しい活動拠点 都委員会の事務所新築進む
建設募金にご協力を

建設中の共産党都委員会の新事務所=3日、東京都豊島区
建設中の共産党都委員会の新事務所=3日、東京都豊島区

日本共産党東京都委員会は豊島区北大塚(JR山手線大塚駅下車徒歩5分)に新事務所を建設中です。来年3月完成の予定です。

渋谷区代々木の現事務所が老朽化したため、21世紀後半まで東京の党の活動拠点として使えるビルの建設をと、今年2月に着工したもので、地上4階地下2階建てです。工事は順調に進み、これまで地下部分の工事が終わり、現在、地上に鉄骨を建てる作業が行われています。

新事務所は耐震強度も法定基準の1.25倍で、震度7クラスの地震にも耐えられるよう設計されています。利用者から要望の多かった会議室や女性用トイレの増設、バリアフリー、多機能トイレの設置など、安全性と使いやすさを備えた事務所になります。

あわせて、限られた敷地では収容できない宣伝カーの車庫と東京都日本共産党後援会、民主青年同盟東京都委員会が入居するビルも新事務所の近くに建設しており、こちらも来年3月完成の予定です。


共産党と委員会は新事務所の建設のため、1億円を目標に建設募金への協力を呼びかけています。

募金先は郵便振替口座00190-6-772033 日本共産党東京都委員会財政部です(振込用紙に建設募金と明記してください)。

1万円以上の募金をいただいた方のお名前をプレートに刻み、壁に取り付けます。

問い合わせは党と委員会財政部03(3370)0311(代表)まで。

(「しんぶん赤旗」2016年12月4日付より)