【日曜版7日号】級友襲った原爆の悲劇伝える

作家・伊集院静さん
インタビューで登場

2016080503_01_0 71年前の8月6日、広島で建物疎開に動員された少年少女6千人の命を原爆が奪いました。「生き残った私が伝えなくては」と体験を語り続ける作家の関千枝子さん。核兵器廃絶への思いは…。

 エッセー集を出版した作家の伊集院静さんが、人生論や政治論を語ります。

 安倍政権が28兆円の経済対策を閣議決定しました。まさにアベノミクス破たんの証明。その中身は…。

 参院選後初の国会。当選した日本共産党6氏が野党統一候補で当選した11氏らとエール交換。志位和夫委員長が議員団総会であいさつしました。

 リオ五輪の開幕です。体操の内村航平選手の団体優勝にかける思いは…。

 社会現象となっているスマホゲーム「ポケモンGO」。遊ぶ上で注意することは…。

 「健康らいふ」は緑内障です。「お役立ちトク報」は、差額ベッド料を支払わずに済む7カ条を紹介します。

 候補者が決まった米大統領選。現地からリポートします。

 イラク戦争を強行する必要はなかった―。英国の独立調査委員会が報告書を出しました。「日曜ワイド」で。

 相模原の障害者施設での殺傷事件。元職員や住民らは、地域の中で障害者が尊厳を持って生きていたと語ります。

 「ひと」は俳優の大野拓朗さん。

(「しんぶん赤旗」2016年8月5日付より)