東京都知事選(31日投票)と同時実施の都議補選(被選挙数はいずれも1)が22日、新宿、大田、渋谷、台東の4区で告示されます。

日本共産党は新宿区に藤原たけき(45)、渋谷区に、おりかさ裕治(58)、台東区に小柳しげる(43)=いずれも新=の各氏を擁立します。大田区では自民党候補を打ち破るため党候補を取り下げ、民進党のもり愛氏(39)=新=を応援します。また、民進党は台東区で候補者を擁立せず、日本共産党の小柳氏を告示日に応援します。

都議補選:日本共産党の3候補

猪瀬直樹氏、舛添要一氏と知事が2代続けて「政治とカネ」問題で辞職しました。自民党と公明党には両氏を擁立し、都政を混乱させた責任があります。

共産党は都民と野党との共同で、クリーンで憲法を守る都政、「住んでよし、働いてよし、環境によし」の東京をつくるため、鳥越俊太郎知事候補の勝利に全力を挙げています。

共産党は都議会で独自調査も行い、舛添氏の公私混同問題を追及する先頭に立ちました。百条委員会の設置を求め、野党共同で総務委員会の集中審議を実現させました。

一方、自公両党は「及び腰」(「読売」「日経」)の姿勢に終始。舛添氏が知事辞職を表明すると、百条委設置を否決しました。

共産党は、父母と一緒に、認可保育園の増設を要求して運動。返済不要の奨学金制度を創設する条例案を提出するなど、都民の暮らしを守る提案を行っています。

共闘さらに発展を
党大田地区委 民進もり氏が訪問

ともにたたかう決意を交わす(左から)民進党のもり氏と共産党の藤田氏=21日、東京都大田区
ともにたたかう決意を交わす(左から)民進党の
もり氏と共産党の藤田氏=21日、東京都大田区

22日告示(31日投票)の東京都議補選大田区(定数1)に立候補する民進党の、もり愛氏は21日、日本共産党大田地区委員会を訪問し、都知事選での鳥越俊太郎候補の勝利と、都議補選での鳥越与党勝利のため、ともにたたかう決意を表明しました。
訪問したのは、もり氏と、山崎勝広民進党都連副会長・区議会民進党幹事長、井戸正枝4区総支部長。共産党からは岡田克己地区委員長と、都議補選への立候補を辞退した藤田りょうこさん、かち佳代子都議、大竹辰治区議団長、青山コウヘイ衆院東京4区候補、大田区共産党後援会の色部祐会長らが出席しました。
もり氏は「鳥越知事候補政策を支持し、鳥越知事が誕生したら与党として頑張りたい」と決意表明しました。
岡田地区委員長は「大田区内でもさまざまなところで共闘が進んでおり、今回を機会に、さらに発展させたい。今度の選挙でも、鳥越候補の勝利と、鳥越与党を増やすため、ともに頑張りましょう」と応じ、藤田さんは「私の思いを、もりさんに託します」と激励しました。

(「しんぶん赤旗」2016年7月22日付より)