日本共産党東京都議団の大山とも子幹事長は27日、同日行われた舛添要一都知事の記者会見をうけて、つぎのコメントを発表しました。全文を紹介します。


都民の信頼を失った舛添知事は、真実を明らかにし、辞任すべき

2016年5月27日
日本共産党東京都議会議員団
幹事長 大山とも子

  本日の知事定例記者会見で舛添知事は、いま大問題になっている高額海外出張、公用車の私的利用、政治資金の不正使用問題について問われ、自分は都民の信頼を失っているので、自ら説明はできないと答えました。

知事としての資格が厳しく問われていることを、自ら認めたものと言わなければなりません。舛添氏は潔く、速やかに自らの口で都民と都議会に対し、真実を明らかにし、辞任して政治家としてのけじめをつけるべきです。

以上


(「しんぶん赤旗」2016年5月29日付記事より)

党都議団ホームページはこちら