日の出町議選 おりた氏当選
得票数・率とも伸ばす

支援者と当選を喜び合う、おりた氏(後列右から2人目)=23日、東京都日の出町
支援者と当選を喜び合う、おりた氏(後列右から2人目)
=23日、日の出町

23日投開票された東京都日の出町議選で、日本共産党のおりた真知子氏は633票(得票率7.93%)を得て当選し、定数2減のなか、現有議席を守りました。

得票数を前回比81票増やし、得票率も前回比1.38ポイント上回りました。

当選を受けておりた氏は「日の出町議会からも戦争法案の廃案を求める声をあげていきたい。コミュニティーバスの拡充、不妊治療の助成、住宅リフォーム助成など公約の実現に取り組みます。選挙中に『介護保険の負担が重くなって大変だ』との声が寄せられました。国や都に介護保険の改善を求めていきます」と語りました。

共産党西多摩青梅地区委員会は、町の福祉施策を守り、戦争法案廃案を掲げるおりた氏に町民の期待が集まったとして、「選挙結果に確信を持ち、さらに運動を広げ、戦争法案を廃案に追い込みましょう」と呼びかけました。


 

日の出町議選の結果は以下のとおりです

当選 おりた真知子 現職 663票 5位

得票率7.93%(前回6.55%) 議席占有率7.14%(前回6.25%)
定数14人 立候補15人 投票率61.54%

(「しんぶん赤旗」2015年8月25日付より)