立川市長選 大野氏健闘 得票率33%

東京都立川市長選が9日投開票され、日本共産党が推薦した大野まこと氏=ウェーブ21立川をよくする会=は1万3654票(得票率33.24%)を獲得し、健闘しました。当選は現職の清水庄平氏=自民・公明推薦=。

大野氏は、戦争法案反対、米軍横田基地へのオスプレイ配備撤回とともに、「大型開発優先の税金の使い方を切り替え、学校教室へのエアコン設置など市民に優しい市政を実現します」と訴え、市民の共感を広げました。

(「しんぶん赤旗」2015年8月11日付より)