無期雇用への転換を
日本郵便有期契約 吉良氏が要求

質問する吉良よし子議員=4日、参院総務委
質問する吉良よし子
議員=4日、参院総務委
日本共産党の吉良よし子議員は4日の参院総務委員会で、日本郵便に雇用される労働者のほぼ半分を占める有期契約労働者について「すでに5年以上継続勤務する労働者については、労働契約法18条の期限を待たずに無期雇用に転換すべきだ」と要求しました。

日本郵便では、およそ40万人が雇用されていますが、そのうち約半数の19万2000人が有期契約労働者。郵産労ユニオンが昨年秋に行ったアンケート調査では、これら労働者の63・9%が5年以上継続勤務しています。

労働契約法18条は、5年以上継続で働いたら無期契約に転換することを定めていますが、法の適用は施行から5年後の2018年からとなっています。

吉良氏は、法律の趣旨は明快なのだから「18年を待つのではなく、随時、期限のない雇用契約へと切り替えていくべきではないか」と迫りました。

日本郵政の壺井俊博常務執行役は、「法令にのっとり適切に対処する。無期雇用への転換後の労働条件など必要事項について、労働組合とも協議している」と答え、検討中であることを明らかにしました。

(「しんぶん赤旗」2015年6月9日付より)