吉良よし子参院議員 籾井 NHK会長を追及

ハイヤー私用 “不明朗金銭” 徹底点検を

質問する吉良よし子議員=7日、参院総務委
質問する吉良よし子議員 =7日、参院総務委

日本共産党の吉良よし子参院議員は7日、総務委員会でのNHK問題集中審議で質問に立ち、籾井(もみい)勝人会長のハイヤー私的利用問題についてただしました。

この問題は今年1月2日、籾井会長が私的なゴルフに業務用のハイヤーを使い、代金4万9585円をNHKに支払わせたもの。3月に監査委員会から指摘された籾井会長は、「自分で負担するつもりだった」とあわてて後払いしました。

吉良議員は、監査委員会が「立場上ハイヤーの利用を必要とする場合があることを否定するものではない」との報告書を出したことに対し、「会長の責任を不問にするため、後からつけた理屈だ」と批判。「NHK職員から『職員であれば確実に処分される』と怒りの電話を頂いた。責任者として自らにどんな処分を下すつもりか」と問いただしました。

籾井会長は「実務的な落ち度」を認めたものの、「たまたま『黒い車』が来ただけで、完全に個人の利用だ」とのべました。

吉良議員は、外部の有識者でつくる「デジタル時代のNHK懇談会」が2006年にまとめた報告書で、「政治的な中立や金銭的な不明朗さを疑われる行為が起きないよう、常に点検を怠らない努力が必要」と強調していることを提示。籾井会長と浜田健一郎経営委員長に対し「徹底した真相究明なくしては視聴者・国民は納得しない」と訴えました。

(「しんぶん赤旗」2015年4月8日付より)