「ぶっ殺すぞ」発言も 自民・公明が横暴な議会運営
渋谷区議会

東京都の渋谷区議会で、無所属渋谷の佐々木弘明区議が視察先のドイツ連邦議会議事堂で受けたセキュリティーチェックを「ナチスのガス室のようだった」などとドイツ国民を愚弄する発言をした問題で、9日の本会議で前田和茂議長(自民党)が「発言は不適切」と謝罪したものの、本人は謝罪しませんでした。

謝罪道義を提出するなど暴言をただす日本共産党に対し、自民、公明などは動議に反対して否決したばかりか、動議を提案した共産党区議に「厳重注意」動議を強行するなど、両党の横暴な議会運営が際立っています。

佐々木区議ら区議4人は9月3~10日、区が計画する新庁舎における「議場の設計に資するため」としてドイツ、イギリス、ベルギーの議事堂を視察。視察団は職員を含め8人で、費用は総額701万2,000円に上り、共産党区議団は税金のむだづかいだとして反対しました。

11月17日に開かれた全員協議会で視察報告した佐々木区議は、「ガス室」発言とともに、ドイツ連邦議会議事堂の事前申請が間に合わなかったために議場内の視察を許可されなかったことについて「ゲルマン民族の頑固さで見られなかった」とする差別的発言をしました。

9日の本会議で、共産党区議団の五十嵐千代子幹事長は謝罪を要求。佐々木区議に本会議での謝罪を求める動議を提案しましたが、自民、公明などが反対し、否決。これに先立つ議会運営委員会の休憩中、公明党の沢島英隆副議長が共産党区議に対し「黙れ、ぶっ殺すぞ」とどう喝。追及された沢島区議は発言を撤回し、謝罪しました。

(「しんぶん赤旗」2014年12月13日付より)

詳報は日本共産党渋谷区議会議員団ホームページへ(リンク)