大激戦 小池副委員長 都内を駆ける

小雨の降る中、街頭で訴える小池氏(中央)と坂井比例候補(左端)、冨田なおき東京1区候補=11日、新橋駅前
小雨の降る中、街頭で訴える
小池氏(中央)と坂井比例候補(左端)、
冨田なおき東京1区候補=11日、新橋駅前

日本共産党の小池晃副委員長・参院議員は11日、東京の新橋(港区)、大井町(品川区)の両駅前で演説し「共産党が伸びれば政治は必ず動く。比例東京ブロック3議席を、必ず実現させてください」と呼びかけました。

小池氏は、消費税増税、憲法改悪と「戦争する国」づくり、原発再稼働など暴走する安倍政権に国民の不安が高まり、「今度は共産党」という声が広がっていることを紹介。安倍政権に対案を持ち、真正面から対決する共産党の役割を語りました。

小池氏は、集団的自衛権行使容認の「閣議決定」について「日本が自衛隊員や外国人の命を奪う国にしようとして、憲法改正の手続きすら踏まない安倍政権に国民は不安の声を上げている」と批判。「『この道しかない』というが、この道はいつか来た道だ」と述べ、共産党の躍進で、「閣議決定」の撤回、秘密保護法の廃止に力を尽くすと訴えました。

坂井和歌子東京比例候補も訴え、「若者を使いつぶすブラックな働かせ方をやめさせ、子育てしやすい社会へ政治を前に動かします」と述べました。冨田なおき1区候補も訴えました。

(「しんぶん赤旗」2014年12月12日付より)

坂井和歌子比例候補の関連記事はこちら