宮本徹比例候補・第一声
平和憲法 子の世代に


2014120209289宮本徹比例候補は豊島、中野、新宿、渋谷の都内各地を遊説しました。

宮本候補は、「今回は平和憲法がかかった選挙です」と強調し、憲法解釈を勝手に変えて「戦争する国づくり」に暴走する安倍政権を批判。憲法9条を生かした平和外交、北東アジアとの友好協力条約をつくろうと奮闘する日本共産党の値打ちを語り、「共産党の議席を伸ばし、平和憲法を子どもたちの世代に手渡しましょう」と訴えました。

(「しんぶん赤旗」2014年12月3日付より)

icon-arrow-right宮本徹比例東京候補のプロフィールはこちら
icon-arrow-right宮本徹比例東京候補の関連記事はこちら