差別ない世界 子どもたちへ : 11月2日に「東京大行進」

来月2日 「東京大行進」

(写真)東京大行進2014のフライヤー(ビラ)
(写真)東京大行進2014のフライヤー(ビラ)

差別撤廃とヘイトスピーチ(憎悪表現)反対を訴えるデモ行進「東京大行進2014」が11月2日(日)正午集合、午後0時半出発でおこなわれます。場所は東京都新宿区の新宿中央公園水の広場です。「TOKYO NO HATE(トーキョー・ノー・ヘイト)」が主催します。

「東京大行進」は昨年9月に続き2回目。すべての人々が、人種、民族、国籍、性、性自認といった属性で差別されることなく、多様性が尊重される日本社会を求めます。米国で1963年、故マーティン・ルーサー・キング牧師らの主導で20万人以上が参加し、黒人差別の解消を求めた「ワシントン大行進」にちなんだものです。

今回は、「差別のない世界を、子どもたちへ。」がテーマ。これからの世界をになう存在である子どもたちを、差別される側にも、する側にもしてはならないと訴えます。日本政府に対して、早急に人種差別撤廃条約にもとづく政策をおこなうことを求めます。

東京大行進では、全体を四つの特色あるブロックに分けます。「ワシントン大行進」を模した黒いスーツの集団とマーチングバンドを配したブロック、強力な演説と湧き上がるシュプレヒコールをとどろかせるブロック、ハウスミュージックを響かせて移動するダンスフロアを登場させるブロック、ラッパーとDJがプレイするサウンドカーが先導するブロックです。

プラカードや横断幕の持ち込みは大歓迎。荒天の場合は当日朝までに実施するかどうかを東京大行進のホームページで発表します。


東京大行進ホームページ http://tokyodiversity.org/2014/

(「しんぶん赤旗」2014年10月22日付より)